代表取締役 高橋修一

京都大学法学部卒業
英国エジンバラ大学経営学部修士
1968年 4月三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。
豪州三菱銀行頭取、京橋支店長、関西支店部長、取締役丸の内支店長、取締役営業第一部長を歴任。
1999年 6月日本電産常務取締役就任。
同社にてM&A及び関連会社の再建を手がける。
2001年 2月関西さわやか銀行代表取締役頭取就任。
同社の再建を成功させ、2004年2月、関西アーバン銀行を設立し、初代会長に就任。
2004年 9月ポラリス・プリンシパル・ファイナンスの初代代表取締役社長に就任。
2007年7月同社取締役相談役に就任。
その間、企業再生の第一人者としてポラリス・ファンド投資先のバリューアップの陣頭指揮を執る。
2006年10月ドラッグイレブン代表取締役社長に就任。
同社業推・劇的な改善を実現し、2007年5月、同社をJR九州に売却。
2007年 6月大興製紙取締役会長に就任し、同社業推を実現。
2008年 1月トップツアー取締役会長に就任。同社の再建プログラムを陣頭指揮。
 
著者:「[改訂版] ローコスト・オペレーション」(PHP研究所)

取締役副社長 軒野仁孝

関西大学工学部電子工学科卒業
1982年4月富士ゼロックス株式会社に入社
サイバー事業部長、テクナレッジマネジメントオフィス部長等を歴任。
2001年6月コンテンツワークス株式会社を設立、代表取締役社長に就任。
インターネットによるオンデマンドパブリッシング事業の確立。
2003年2月ランダムハウス講談社を設立、代表取締役CEOに就任。
業界ルールとは異なる会計基準の導入等に注力、早期黒字化の実現
2006年5月ポラリス・ファンドの投資先であるドラッグイレブン・ホールディングス株式会社取締役副社長に就任し、短期間での同社再建に成功。
2008年12月青山ブックセンター株式会社代表取締役社長に就任。

取締役 木村雄治

東京大学教養学部卒業
米国ペンシルバニア大学ウォートン校 MBA
  日本興業銀行にて、国内外取引先向けコーポレートファイナンスを担当。海運企業向け融資業務に従事した折に日本初の船舶ファイナンス流動化を成功させる。金融証券制度改革メンバーとして興銀証券設立の中心的役割を果たした後、同社において社債引受を担当。株式引受免許取得後直ちに同社資本市場グループコーポレートファイナンス部エクイティキャピタルマーケット室長に就任し、株式引受業務を本格的に立ち上げる。その後みずほ証券プライベートエクティ部長として自己勘定投資をベースとした未公開株式投資業務を立ち上げ、2004年9月ポラリス設立と同時に代表取締役副社長に就任。2006年6月同社代表取締役社長に就任、経営全般を統括しつつ投資活動の前線に立つ。代表パートナー兼投資グループ長。投資委員会委員長。

監査役 木下 悠紀治

京都大学経済学部卒業
1969年4月株式会社三菱銀行(現 株式会社三菱東京UFJ銀行)に入行。
1996年6月同行参与 国際業務推進部長に就任。
1998年3月萬興業株式会社 常務取締役に就任。
2000年6月高砂熱学工業株式会社 取締役営業本部営業推進担当
2008年1月同社 取締役常務執行役員総務本部長兼経理本部長


ページトップへ ページトップへ